ペットのしつけで迷った時は間違った方法でないかの確認を! | ペットシッターなら全員が動物看護師のケアペッツ        
NHKおはよう日本に取り上げれらました
  • twitter公式ページをみる
  • facebook公式ページをみる
  • インスタグラム公式ページをみる

CARE PETS ケアペッツのロゴ

ご予約・お問い合わせはこちら 0120-949-615

動物取扱業:保管16東京都保第005271号

動物取扱業:保管16東京都保第005271号

CARE PETS ケアペッツのロゴ

  • twitter公式ページをみる
  • facebook公式ページをみる
  • インスタグラム公式ページをみる

ペットのしつけで迷った時は間違った方法でないかの確認を! ペットに関するコラム

2017年04月09日

ワンちゃんのしつけが難しいと悩んでいることはありませんか?実は良いと思っていたことが、ワンちゃんの問題行動を助長させている可能性もあります。

ワンちゃんには間違ったメッセージとして伝わっている可能性もありますので、現在のしつけ方法を確認してみましょう。

しっかりご褒美はあげている?

ワンちゃんを呼んだらすぐに近寄って来るかもしれません。しかしコマンドに従うことができた時には毎回ご褒美をあげるようにしましょう。

コマンドは明るくにこやかに発するようにしましょう。コマンドで来ることができたら、ご褒美としておやつやおもちゃをあげても良いですし、優しくお腹をさするだけでも良いでしょう。

また、お風呂がよっぽど好きなワンちゃんではないのなら、呼んだ後でお風呂に入れると飼い主さんが呼んでも来なくなる可能性があります。

トイレトレーニングに失敗した時に叱りつけていない?

しつけの大切な一歩にトイレトレーニングがあります。しかし失敗した時にワンちゃんを怒鳴ったり、失敗した場所に鼻面を押し付けたりといった行為は逆効果です。

トイレを覚えるまで常に目の届くところにトイレの場所を決めましょう。ワンちゃんがもよおした様子を見せたらトイレに連れて行くことを根気よく繰り返して行う必要があります。

ハウスを罰に使ったことはない?

ハウス嫌いのワンちゃんの場合、罰としてハウスに入れたことはありませんか?ワンちゃんにとって本当なら居心地の良い場所のはずが、罰を与えるために使用したことでハウスが嫌いになっている可能性があります。

無駄吠えするより楽しいことを与えてみる

無駄吠えをするワンちゃんは、叱りつけたり、反対に撫でたりしてもさらに吠えるだけです。

無駄吠えをする場合には無視することが一番で、おとなしくしている時には思いっきり褒めてご褒美を与えてあげましょう。

吠えることは本質的に快感を得ることができているケースもあるため、吠えるよりももっと嬉しいことや楽しいことを与えることで吠えることをやめる可能性があります。

飼い主さんの食べているものを与えない

飼い主さんが食事をしている時に、ワンちゃんがじっと見つめて来たとしても絶対に食べ物は与えないようにしましょう。

普段のフードよりもおいしいものを知ってしまったら、フードを食べなくなる可能性もあります。

食事をしている時にテーブルから離れてちゃんと待つことができればご褒美をあげようにしましょう。

待つことでご褒美が貰えるとなれば、飼い主さんの食事中におねだりするより得をすることを理解させることができるでしょう。

運動はしっかりさせてあげている?

家の中をワンちゃんがめちゃめちゃにしてしまった場合、溜まったエネルギーを発散させたと考えられます。

ワンちゃんはエネルギーを発散させる必要がありますので、放っておけばどんどん溜まる一方です。一緒に発散してあげる機会を設けるなど、運動や刺激を与えてあげることも必要です。

ペットのしつけが上手くいかないのはなぜかを考えて

ペットのしつけは難しいと感じている人や、なぜ自分の言うことをきいてくれないのかと疑問を感じている人は、しつけの方法が間違っていないかを確認しましょう。

ペットの気持ちになれば、もしかしたらなぜ言うことをきかないのかがわかってくるかもしれません。

 

従順な柴犬のしつけ方法はこちら!

従順な柴犬🐾どうやってしつけをしていますか?

 

記事一覧へ戻る

PAGE TOPへ戻る