動物看護師によるペットシッターのケアペッツ

  • twitter公式ページをみる
  • facebook公式ページをみる
  • インスタグラム公式ページをみる

CARE PETS ケアペッツのロゴ

ご予約・お問い合わせはこちら 0120-949-615

動物取扱業:保管16東京都保第005271号

動物取扱業:保管16東京都保第005271号

CARE PETS ケアペッツのロゴ

  • twitter公式ページをみる
  • facebook公式ページをみる
  • インスタグラム公式ページをみる

猫を預けることができるペットシッター選びは何を重視する? ペットに関するコラム

2017年06月07日

もし急にペットを預けなくてはいけなくなった、誰かにお世話をお願いしなくてはいけなくなった場合、誰に頼むかはとても大切なことです。

親族や友人に頼める人がいなければ、ペットシッターなどに依頼することになるでしょう。

しかしそのペットシッターが猫好きか、動物と遊ぶことが好きかなど、様々なことが気になるものです。

どこまでお世話をしてくれる?

ペットは大切な家族ですから、安心して任せることができるペットシッターに依頼したいと思うのは当然です。

例えば飼い主さんに代わってどこまでお世話できるかも大切です。留守番中に鍵を預かり、ペットのお世話をするためには前もって飼い主さんと念入りな打ち合わせも必要になります。

十分に飼い主さんが任せることができると納得した段階で契約することが安心に繋がると言えるでしょう。

ペットシッターの利用を考えるケースとは?

急な出張や冠婚葬祭で遠方に出かけなくてはいけなくなった場合、ネコちゃんを連れてはいけません。

入院で自宅をしばらく留守にすることになったとしても、ネコちゃんのことを安心して誰かに任すことができなければ治療どころではなくなってしまいます。しかしネコちゃんを預けるところが無ければ、途方に暮れてしまいます。

このような場合にペットシッターを利用することを考えると思いますが、他にも動物病院に連れて行きたいのになかなか暇がなくて気になっているといったときでも頼ることができるケースもあります。

信頼できるペットシッターとは?

ネコちゃんが飼い主さんではない人にお世話をされても戸惑うことのないように、飼い主さんとできるだけ同じ様にお世話をすることが必要です。

出張など急な依頼の場合でも可能な限り対応でき、ネコちゃんの寂しさや不安を和らげることができるシッターが信頼できるシッターだと言えるでしょう。

ネコちゃんは家で留守番させてあげるほうが良い

ネコちゃんは環境の変化に敏感なため、どこかに預けるというよりは自宅で飼い主さんの留守中に留守番をさせてあげたほうが安心するでしょう。

これまでと変わらない生活を送れることが、ネコちゃんにとって安心でき、飼い主さんがいないストレスも軽減できるでしょう。

身体に不安があるネコちゃんの場合

若いネコちゃんならまだ良いのですが、高齢や障害を持ったネコちゃんの場合には動物看護師が担当するケアサービスやペットシッターサービスが利用できるほうが良いでしょう。

健康状態に不安があるネコちゃんなどの場合、飼い主さんが留守中に何らかのトラブルがあっても、動物看護師がいることで安心できます。

安心できるペットシッターに依頼を

もし何か急用で家を留守にしなくてはいけなくなった場合、大切なネコちゃんを任せることができるペットシッターに依頼しましょう。

ネコちゃんは家族同然ですから、安心できるペットシッターに依頼することで飼い主さんがいないことで寂しくなったり不安になったりすることが少しでも軽減されるでしょ

 

ペットシッターの料金は?ペットシッター料金の相場に関するコラムはこちら↓

http://care-pets.sakura.ne.jp/carepets/wp/2017-06-13/ペットシッターの料金の相場ってどのくらい?/

記事一覧へ戻る

PAGE TOPへ戻る