• twitter公式ページをみる
  • facebook公式ページをみる
  • インスタグラム公式ページをみる

CARE PETS ケアペッツのロゴ

ご予約・お問い合わせはこちら 0120-949-615

動物取扱業:保管16東京都保第005271号

動物取扱業:保管16東京都保第005271号

CARE PETS ケアペッツのロゴ

  • twitter公式ページをみる
  • facebook公式ページをみる
  • インスタグラム公式ページをみる

FC募集 FC募集

  • 募集中! CARE PETS(ケアペッツ)事業 フランチャイズ加盟募集中

    CARE PETS(ケアペッツ)では、フランチャイズ展開により地域で
    「ペットの訪問介護・看護」を広めていきたいと考えております。
    社会的な意義と、確かなニーズを持った事業者として、CARE PETSを考えてみませんか?

ペットの高齢化

現在、日本における犬・猫の飼育頭数はそれぞれ約1,000万頭であり、ペットは人間と密接な関係にあるといえます。
ペットをめぐる環境や医療の技術も進歩を遂げ、昭和58年には7.5歳であった犬の平均寿命は今や14.17歳にまで延びました。
しかしながら、それゆえ新しい問題が起こっています。
ペットの高齢化」です。

ある試算によれば、犬の高齢化率は実に53.4%にもなるといわれます。人間の高齢化率が現在約26%ですから、人間の2倍にもおよぶ驚異的な数字です。
ペットも人間と同様、歳を取れば身体機能が衰えます。食べ物をうまく噛めなくなったり、歩くことができなくなったり・・・
そういったペットのお世話をし、最期のときまでケアをし続けることは、人間の介護と同様、とても大変なことです。

飼い主の高齢化

全国犬猫飼育実態調査によると、犬猫の年代別飼育率では50代が最多で、60代がそれに続いています。
そのような飼い主の高齢化により、やむを得ずペットを手放すケースが目立ってきています。
人間の高齢化が、ペットの暮らしにまで影響を及ぼしているのです。
東京都は14年度に飼い主から約200匹の犬猫を引き取りましたが、その理由は「高齢化」が25%で最も多く、「病気」や「死亡」が次ぎます。高齢化にかかわる理由が実に7割近くを占めているのが現状です。

自治体は原則、引き取った犬猫を殺処分するのですが、動物愛護管理法の改正で、飼い主の自己都合による依頼を拒否できるようになりました。かといって高齢者が飼い主を見つけるのは難しく、自力でお世話を続けるのも難しい・・・。
深刻な状況の中、行き場のないペットが増えています。

ペット市場の成長

少子高齢化が進むにつれ、高齢者のパートナーとしてペットの需要は高まっています。
実際のところ、2000年~2008年の間に、犬の飼育頭数は約1.3倍、猫は約1.8倍もの増加を辿りました。
ペット市場は、1兆3,000億円ともいわれる巨大マーケットへと変貌しつつあります。
また、ペット可のマンションも増加しています。首都圏の分譲マンションでは、2000年にわずか9%しかなかったペット可マンションが今や90%に達しようかというほどに急増しているのです。

現代は、ペットと暮らすのが当たり前、という社会になりつつあります。
それだけに、ペットのケアという事業はこれからの時代に必然のニーズとして存在しているのです。

求めている方

CARE PETS(ケアペッツ)は、専属の動物看護師が愛犬・愛猫の介護・看護・ペットシッターなどのホームケアサービスを提供する日本初のサービスです。

  • CARE PETS(ケアペッツ)の特徴

    ・100%女性の動物看護師が対応
    ・30分からご利用可能
    ・使い放題サービス(わん放題・にゃん放題)
    ・ウェアラブルカメラ完全装備で安心を提供
    ・24時間365日ペットの救急車を配備
    ・高齢犬・猫の介護や看護にも対応

ケアペッツの思い

これまでのペットシッターサービスは、飼い主もペットも若いという前提でサービス提供されてきました。
しかしながら、2017年現在、人間の高齢化率は28パーセント超、犬と猫の高齢化率に至っては48パーセント超となっており、特に高齢者が高齢の犬や猫を飼っているケースが増えてきています。
そうそうした中で、ペットについて「散歩ができない」「病院につれていけない」「愛犬・愛猫の介護ができない」などの課題がうきぼりになってきます。
そうした課題を解決するために生み出されたサービスがCARE PETS(ケアペッツ)です。

ケアペッツでは上記の特徴の通り、スタッフ全員が動物看護師の有資格者であり、単なるペットシッターではないので、飼い主様の代行だけではなく、介護や看護を行うこともできます。
ケアペッツがあることによって、飼い主様が悲しみながらペットを手放すことも無くなり、また、ペットも飼い主が変わったり、殺処分されたりといったことがなくなり、双方のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)が高まります。
ケアペッツでは「人間福祉と動物福祉の追求」を理念として掲げ、その実現のために取り組んでおります。
この理念に賛同し、共にケアペッツ事業に本気で取り組んでいただけるフランチャイズ加盟店を募集しております。

FC加盟店の皆さまに聞いてみました

  • 私は以前動物病院に勤務していました。動物は好きなので動物看護師の資格を取ったのですが、看護師の立場で自分で開業できると知ってケアペッツの加盟店になりました。毎日違うワンちゃん猫ちゃんに会ったり、いろんなお宅へ行くので毎日刺激があります。
    また開業時のスターターキットもそろっており、仕組みもしっかりできているので順調に運営できています。

  • 動物が大好きでペットに関する事業がしたいと思っていました。人間と動物の老々介護の時代が始まっている現状に何かできないかと思いケアペッツのFC加盟店になりました。マーケティングや広告もしっかりしてくれるので依頼はもちろんですが、人材採用費もあまりかけずに採用できています。
    初心者の私でも運営できているのは、しっかりとした安心な仕組みがあるからだと思います。全国にもっとケアペッツが広まることを願います。

  • ペットマーケット(市場)は年々拡大していることはなんとなく知っていましたが、ペットの高齢化がこんなに進んでいるとは知りませんでした。私自身、人間の介護事業を営んでいますが、実際に老人ホームに入居される際にペットと離れ離れになってしまうことによって、「ペットロス」状態になってしまった方がいました。
    もはやペットは家族なんだということを実感しました。ケアペッツの事業と介護福祉事業は非常にシナジー(相乗)効果があるので今後も積極的に展開していこうと考えています。

企業情報

社名 株式会社CARE PETS 
https://care-pets.jp/
代表取締役社長 藤田英明
住所 東京都目黒区八雲2-25-7
電話 0120-949-615
メール contact@care-pets.jp
社名
株式会社CARE PETS https://care-pets.jp/
代表取締役社長
藤田英明
住所
東京都目黒区八雲2-25-7
電話
0120-949-615
メール
contact@care-pets.jp

フランチャイズに関するお問合せ

*マークは必須入力です。

お名前*

フリガナ

郵便番号

都道府県*

ご住所

電話番号*

メールアドレス*

お問い合わせ理由

備考欄

注1)個別説明を希望の方は備考欄に日時をご記入ください

PAGE TOPへ戻る