忘れられない出来事。。。Vol.② | ペットシッターなら全員が動物看護師のケアペッツ        
NHKおはよう日本に取り上げれらました
  • twitter公式ページをみる
  • facebook公式ページをみる
  • インスタグラム公式ページをみる

CARE PETS ケアペッツのロゴ

ご予約・お問い合わせはこちら 0120-949-615

動物取扱業:保管16東京都保第005271号

動物取扱業:保管16東京都保第005271号

CARE PETS ケアペッツのロゴ

  • twitter公式ページをみる
  • facebook公式ページをみる
  • インスタグラム公式ページをみる
           

忘れられない出来事。。。Vol.② スタッフブログ

2018年05月13日

こんにちは!ケアペッツ本部のきくちです☺

みなさま、どんな日曜日をお過ごしでしょうか?
今日は母の日
感謝のお花がたくさん咲いているんでしょうね🌷

 

それでは、
私がケアペッツでお仕事することの想いの原点になった
「忘れられない出来事」
続きをお話しします。。。。。

 

 

。・:・。・:・。・:・。・:・。・:・。・:・。・:・。・:。

 

 

動物病院で
先生に深々と頭を下げたおばあちゃんは、陽の当たる病院の一室でワンちゃんと二人きりに

 

 

トリミング室の小窓から見えたのは、先生がワンちゃんのお尻か後ろ足のあたりに注射をしたところ

ホントに一瞬

おばあちゃんの視界に入らないように、気遣いをしていたのだと思います

 

 

その間おばあちゃんは、ずーっと愛おしそうにワンちゃんの顔を覗き込んでいました
それでも私は、まだ状況が把握できずにいました

 

 

 

 

 

 

 

どれくらいの時間がたったでしょうか。。。。

 

 

西に傾いた夏の強い日差しがブラインドの隙間から差し込みます
愛犬を抱いて微笑んでいるおばあちゃんの顔を照らし、きれいな光を発しているようでした

 

それはすごく幸せそうで
美しい絵画のようで
感動さえ覚えるような光景。。。

 

 

おばあちゃんはしばらくして顔をあげると、先生がそばに来ました

「いいですか?」

先生はワンちゃんに少し触れると、静かに深々と頭を下げました

 

 

「ありがとうございました」
おばあちゃんは何度も感謝の言葉を口にして、何度も頭を下げます
微笑んだ表情は変わらずに、涙だけが光っていました

 

 

 

鈍感な私は、そのときやっと「安楽死」という言葉が頭に浮かんだのです

 

「どうされますか?」という先生の問いに

「このまま抱いて帰ります」とおばあちゃん

 

 

病院に来る時から帰る時まで、愛犬を胸に抱いたまま、最期まで片時も離れずに…

始終微笑んでいた瞳の奥に秘められた想い

「安心しました」という言葉を残して帰途につく後姿、思い出すたびに切なくなります

 

 

 

それまでの私は、「動物の命を救うお手伝いをしたい」との思いで動物看護の道を目指しました

命は大切!故意に命を絶つなんてとんでもない!

 

そんな考えでしたから、目の前でおきた「死」の場面は衝撃でした
気持ちも考えもまとまらず、落ち着かず、思考回路停止です

 

 

 

 

その後、私は幾度か「安楽死」の場面に遭遇することになりましたが、一つ言えることは「同じ死など無い」という事です

そして別れは悲しいという事…

 

 

「安楽死」については考えが様々で、答えの出ることはないでしょう。
楽になるのはペットなの?人間なの?
安心するのはペット?人間?

「安」も「楽」もないのでしょうか?

 

 

あのおばあちゃんとワンちゃんのお別れの場面を目にした時
なぜ私は思考回路停止になってしまったのか。。。

それは目の前の「死」を迎える場面が美しく感じたから
感動するほど幸せな空間に感じたから

 

 

命を助ける仕事をしたかったのに…

 

 

 

 

考えたくないことかもしれませんが、ペットちゃんとは必ず別れの日がやってきます
万が一、究極の選択を迫られた時にどうするか

大切な家族との別れ方について、考えておく必要があるようです

 

 

 

飼い主さんにとって一番悩み苦しんでしまうのが

「ペットちゃんの気持ちがわからない」…ですよね

それでもすべては飼い主様の胸の中

 

 

 

最終的な判断は飼い主様にゆだねられるのです。。。
その子の家族になった瞬間から
懸命に生きて、虹の橋を渡るまで、すべては飼い主さんに…

 

 

 

 

でもそれはとても苦しいこと
心が壊れてしまいそう

 

ペットちゃんにも飼い主様にも助けが必要です

 

 

あの時のおばあちゃんがどうしてそのような選択に至ったかはわかりません。
飼い主さんもしくはワンちゃんの病気なのか
経済的理由なのか
きっと悩んだ末の決断だったはずです

 

 

 

もしあの頃
老犬老猫ホームが多くあったら
ペット保険、ペット介護保険、信託、ペットと入居できるホームがあったら

 

あのおばあちゃんの選択肢はもっと多かったでしょう

 

 

 

飼い主さんの「あったらいいな」という思いは
利便性や快楽を求めるだけではありません

 

 

ペットちゃんと飼い主様家族の生活や命にかかわる切実なものも多くあります

 

 

ケアペッツはそんな飼い主様の「あったらいいな」を形にしていきたいと思っております

 

 

 

重いテーマで長くなってしまいましたが、私たちの真剣な思いをお伝えしたいと思い書かせていただきました。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました

 

 

 

ケアペッツ本部の菊地でした✋

 

またお会いしましょう💕

 

 

大切な家族の気持ちに気づくために…

大切な家族の気持ち💕

記事一覧へ戻る

PAGE TOPへ戻る